会報作成時等の注意事項

  1. 原稿依頼について
    文字数・写真の有無・締切期日等を必ず伝える事。
    会報作成基準等については、緑友会ホームページを参照してもらう事。
    また、会の趣旨から、投稿による謝礼は発生しない事。
  2. 原稿については必ず紙に起こし、元原稿を一部事務局に保管する事。
  3. 表題・氏名等について
    表題 肩書き(ある場合) 氏名 期生の順に掲載する事。
  4. 一般的な原稿は、横26文字に整理して下さい。
    特殊な原稿・写真入りの場合は横の字数が変更になる場合があります。
  5. 原稿について、2回以上のFAXでの転送原稿の使用禁止。
    FAXは文字が潰れる可能性があります。手渡し文書、電子メール原稿を基本としてください。
  6. 原稿チェックについては、通読・精読・通読と3回以上確認して下さい。
    通読・・・全体の文脈のチェック
    精読・・・文字の確認
    通読・・・文章の統一の確認(デスマス等)
    筆者の期生・氏名の誤りがないか等
  7. 誤字・脱字・表現に誤りがある場合は筆者に確認をする事。
    目的があって原文通り掲載する場合は、その旨を記載する事。
  8. 原稿を訂正する場合は筆者へ確認後、元原稿(事務局保管分)を赤色で訂正する事。
    必要があれば訂正分の原稿を元原稿の1枚目にホッチキス止めをする事。
  9. 写真掲載時、筆者や同窓会等の写真以外で個人が特定出来る写真の場合、会報に掲載する旨の了解を取って下さい。
  10. 最終校正では、紙面への割付や、全ページで、表現 肩書き 氏名 期生 文章の文字の大きさが統一されているか等を確認する事。
  11. 投稿された写真の取り扱いについて
    データーでの投稿以外の写真は投稿者に返す事。
  12. 会員からの投稿依頼があった場合、紙面の関係上必ず編集委員会にて掲載決定を行います。
  13. その他 疑義が生じた場合は必ず事務局に相談して下さい。