■HS東住吉「緑友会駅」8日限り(7日は運休)■
卒業生一同、ヒガスミ鉄道へのご乗車をお待ちしております。
・運転できる鉄道模型ジオラマ
・回想列車61両連結にチャレンジ
・ねこ駅長によるオリジナル切符の配布
・駅員より在校生の皆さんへ
・緑友会の車窓から(写真展)
・タイムトラベル平野線(ちんちん電車)
・大阪環状線パズルなど他

上記は、受付で配布される文化祭プログラムの緑友会の紹介文です。
HS東住吉とはハイスクール東住吉で、JR東日本っぽいロゴになります。

今年の文化祭(一般開放)は、9月8日(土)です。ちなみに前日も文化祭ですが、生徒のみで行われます。
緑友会報10ページにありますように、13期生の野口定儀(やすのり)さんが鉄道模型ジオラマを展示してくださいます。そのため緑友会の場所は、例年の緑友会テント(屋外)ではなく教室(屋内)にて行います。その教室は北館2階の北B教室、職員室近くの階段を上がってすぐです。
緑友会ではテーマを「鉄道」として教室を列車や駅舎(ホーム)に見立ててデコレーションしたり、鉄道にちなんだ様々な展示をしたいと企画中。多くの卒業生の文化祭参加を願っており、ご協力いただければ嬉しい限りです。
ところで野口さん、実は鉄道オタクではなくて模型オタクなのです。鉄道の深い話はちんぷんかんぷんで、戦艦やガンダムなどの方が詳しいそうです。

◆皆さんの文化祭の思い出のコメントを募集◆
1期生から61期生までの全卒業生の、文化祭の思い出コメント数珠つなぎに挑戦。
線路が途切れずどこまでも続くように、ヒガスミ回想列車を走らせよう。
期生は必要ですが、お名前は公表しません。
今のところ、思い出乗車率16%(10期/61期)です。
埋まったのは、17期・21期・23期・24期・25期・26期・29期・40期・42期・50期(3名)。
例:徹夜で準備をして、たまらず教室で仮眠。目が覚めたら文化祭が終わってました…。/33期
※例の掲載イメージ画像は最下段、学年カラーのライン入りの車両となります。

◆皆さんがお持ちの鉄道にちなむ写真を募集◆
卒業生が持ち寄って、写真展コーナーを設けます。
例えば列車・駅舎・駅弁・切符など、ただし卒業生が撮影したか卒業生が写っているもの。
写真はメールに添付して、下記アドレスまで送ってください。
期生と、必要なら名前(ペンネーム)やタイトルや説明やメッセージも添えて。
L伴(89×127mm)サイズで印刷したものを、多数展示できればと思います。
まだ参加1点のみで寂しいので、これから鉄道利用される方は写メをいただけるとありがたいです。

◆南海平野線(ちんちん電車/路面電車)の思い出話を募集◆
ちんちん電車(路面電車)が、学校の近くを走っていたのをご存知でしょうか。
1980年11月27日に地下鉄谷町線が開通するまで、同じようなコースを走っていました。
通学に利用していたなど何かエピソードを、路面電車が身近で無い後輩にお話しください。
時間をかけられそうにないですが、記念切符と同時代の鉄道切手を展示いたします。

◆鉄道にまつわる展示を募集◆
「鉄道模型ジオラマ」「ねこ駅長」「大阪環状線パズル」など、仕事や趣味を活かすなど何でもご自由に相談ください。
ただしお断りするケースもありますので、ご了承ください。

〒547-0033 大阪市平野区平野西2-3-77
東住吉高校内 緑友会事務局
電話 06-6706-3133
メール info@ryokuyukai.org

役員会を2018年11月18日(日)13~15時に、緑友会館2階(予定)にて行います。
1~61期の代表者(常任幹事もしくは代理)にお集まりいただき、総会について幅広い世代の声をお聞かせください。

第一次の連絡作業を終え、出席・欠席の返答をお願いしております。
今回連絡することができなかった該当者の方々も、出席・欠席をご連絡ください。

欠席の場合は同期の代理を立てることがありますので、早めに必ずお知らせください。
出席してくれる代理者を用意しておいていただけると、大変ありがたいです。

遠方に住んでいるなどで、代表としての活動が難しい場合にはお申し出ください。
常任幹事の変更を検討いたしますが、新常任幹事の推薦者を教えていただけると助かります。

●東住吉高校内 緑友会事務局●
メール>info@ryokuyukai.org
電話・FAX>06-6706-3133
郵便>〒547-0033 大阪市平野区平野西2-3-77

なお、当日は緑友会ホームカミングデーとなっております。
チャリティーマラソンやエイドステーションも、時間があればお寄りください。

※随時、内容を更新してまいります。

緑友会が講師募集に全面協力
1年生総合学習「卒業生に聞く」

東住吉高校同窓会・緑友会は今年度から、1年生の総合学習の一環として行っている「卒業生に聞く」授業の講師募集に全面協力することになりました。授業は年1回、6年ほど前から行ってきました。生徒が将来の職業選択の参考、一助として、高校生活において、目標を決め、それに向かって勉学に励んでもらうことを狙って実施してきたものです。
前年度までは教育関連の専門業者に委託、16人ほどの講師を依頼してきました。それぞれの職業を語ってもらい、経験談などを聞きました。今年度は、1年生の学年主任に就任した島本一彦先生が中心になって、本校卒業生に講師を依頼にすることを決めました。東住吉高校卒業生は2万6000人に達し、各界で活躍しています。業者に委託した講師から話を聞くよりも、より身近な先輩から、学校生活から仕事上の経験談などを聞く方が、生徒たちにとって、より実りがあるものになると判断、卒業生に依頼することになりました。
依頼にあたって同窓会・緑友会に講師募集の協力依頼がありました。緑友会では役員会に諮り、全面協力することを決めました。今年度は、要請があって開講までの日時が短かったこともあり、本校卒業生でもある島本先生(21期生)が中心になって、同期生や教え子に講師をお願いしました。
来年度(2019年度)からは、緑友会が中心になって募集を行います。生徒たちに、自身の職業経験談などを語り、生徒たちの将来の夢実現を支援しようとする方は是非、講師になって下さい。現在、緑友会ホームページおよび電話で希望者を受け付けています。気軽に連絡ください。学校は来年度以降もこの企画を継続していく方針です。卒業生の皆さん、卒業年次は問いません。後輩のため、ぜひ講師になって話を聞かせてやってください。
総合学習「卒業生に聞く」は、学校行事としてすでにスケジュール化されており、6月の第4木曜日に実施します。入学して3カ月ほどの1年生を対象に、高校生活に少し慣れてきたころに実施しています。将来就きたい仕事について意識し、そのために何をすればいいかなどを考えることは、生徒たちにとって意義深いことです。今年度は6月28日の5時限、6時限目に開かれました。生徒は1時限ずつ2人の講師からそれぞれの話を聞きました。昨年度(2017年度)までは「職業人に聞く」をテーマにしていましたが、今年度(2018年度)から卒業生が講師ということもあり「卒業生に聞く」に変わりました。

今年の「卒業生に聞く」
11職種11人の卒業生が講義

今年度を例に「卒業生に聞く」の授業内容を説明いたします。学習は1年生全員参加です。今年の1年生8クラス320人が参加しました。講師は11職種11人でした。講師は5時限目と6時限目それぞれ講義を行いましたので2時限で計22講座が開かれたことになります。生徒は11の仕事の中から、関心、興味のある2つの職種を自主的に選び受講しました。職種のバラツキは少なく、各講座に平均30人強が参加する形になりました。
生徒たちは受講後、ワークシートに沿って質問に答えていくという形の感想文の提出を求められました。予め、①仕事名、②仕事の内容、③仕事を選んだ時期やきっかけ、④仕事をする上で心がけていること、⑤仕事のやりがい・仕事の厳しさ、⑥高校時代をどのように過ごしたか? ⑦後輩へのメッセージ、励ましの言葉、⑧感想―の設問表が用意され、生徒はそれに従って受講感想の記入を求められました。生徒は受講中、終了後に書き込み提出しました。講師も講演の指針となるように、仕事内容、現在の職種を選んだ時期やきっかけ、やりがい、職務上心掛けていることなど、大きなテーマが設けられており、それに従って話を進めました。
会員の皆さん、改めて講師になって最も若い後輩に仕事を通じて人生を語っていただくことをお願いします。

●今回の講師一覧●
21期男性/新聞社
26期女性/作業療法士・大学教員
27期男性/パティシエ
28期男性/大学職員
30期女性/看護師
49期女性/保育士
53期男性/旅行社
54期女性/警察官
54期女性/キャビンアテンダント
54期女性/管理栄養士
57期女性/三味線・お囃子

●職業ガイダンス「卒業生に聞く」●
毎年6月第4木曜日の5・6限に行われる、東住吉高校1年生の総合学習です。
講師となる卒業生に来校していただき、ご自身の職業体験を40分間ほど5限・6限の2回お話しいただきます。
毎年十数名の講師は、1年生担当の先生方が登録者の中から選ばれます。
いつまでも採用されない場合や何度も採用される場合もありますが、ご了承ください。
なお謝礼はありませんが、緑友会より交通費(全額ではなく一律少額)の支給があります。

●講師登録のお願い●
※登録していただける方は各項目に記入の上、メール(info@ryokuyukai.org)などで送ってください。
1.期生(分からなければ年齢)
2.お名前
3.性別
4.お仕事
5.仕事についたきっかけ
6.仕事のやりがい
7.仕事をやめようと思ったことはあるか
8.仕事をするうえで大切にしていること
9.後輩へのメッセージ
10.連絡先(電話番号など)

『芸能文化科24期生 卒業発表会 鑑賞』

芸文の卒業発表会への出席は初めてでした。生徒の皆さんが一丸となって取り組まれた様子がひしひしと感じられ心を打たれました。午後1時から4時まで、3時間にわたる長丁場でしたが、観劇者を飽きさせることもなく引き付けました。プログラムの組み立て(プロデュース)が良かったと推察いたします。とくに、幕間の使い方がうまく、映像の使い方などはプロ並みだと思いました。とにかく、物事を皆で作ろうという意気込み、団結力には感心しました。(12期 齋藤)

在校生支援強化など決める

2018年度総会開催
同窓会・緑友会は2018年(平成30年)6月24日(日)、本校芸能文化科実習棟で2018年度(平成30年度)総会を開きました。
第一部から三部までで計90人が出席しました。第一部で2017年度総括と2018年度事業計画を採択しました。第二部ではよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の漫才師・プリマ旦那の野村尚平さん(50期生・芸文12期生)が芸文科3年生の代表3人とディスカッションし、その後、創作落語を披露して出席者を大いに笑わせてくれました。第三部は本校近くの料理屋に場所を移し、懇親会を開きました。52人が参加、期を超えて懇親を深めました。
議事は2017年度の事業報告、決算報告を中心に進行、決算ではPTAなどと協力して全教室にITC機器設備する事業に協力、緑友会として430万円ほどを支出したため、例年に比べて支出が膨らんだことが報告されました。

1年生の総合学習をバックアップ
会員相互の懇親深耕強化

2018年度事業計画では今年度も、①在校生を支援する、②会員に母校への関心を持ってもらう、③会員相互の懇親を深める―という掲げる目標を強化し、取り組んでいきます。
在校生支援では新しく、1年生の総合学習「職業人(卒業生) に聞く」を全面バックアップすることを決め、次年度から当会が講師の募集窓口になることを確認しました。また、引き続き、生徒のニュージーランドスタディツアーなどの支援を行うことを確認しました。
会員に母校への関心を持ってもらうために、今年度も生徒会が主催する「チャリティー100㎞リレーマラソン」開催日を「ホームカミングデー」と定め、より多くの会員の来校促進に取り組みます。今年度は11月18日(日)に挙行されます。
会員相互の懇親を深めるため前年度(2017年度)から、当会主催で料理教室、ボウリング大会を始めました。今年度も引き続き実施することになりました。「緑友会お料理教室」は8月18日(土)に、「緑友会ボウリング大会」は11月11日(日)にそれぞれ開きます。現在、参加者を募っています。多くの参加を期待しています。また例年通り、各期の同窓会、クラブOB・OG会などの開催も支援いたします。積極的な当会の活用、ご利用をお待ちしております。
なお、今年度は3年に一度の役員改選年度でした。会報36号に役員候補として掲載しました8人が承認されました。

緑友会会員の皆様へ
緑友会会長 坂田繁数
担当・緑友会副会長 渡真利由香

昨年開催の第1回緑友会お料理教室が好評でしたので、本年も下記の要領で
開催いたします。興味のある方は気軽にご参加ください。

① 実施日時 平成30年8月18日(土)13時~16時(3時間)
② 場  所 辻学園調理・製菓専門学校(1階実習室)
〒530-0047 大阪市北区西天満1-3-17
電話 06-6367-1261
※最寄り駅などは、下記HPの周辺地図をご覧ください。
http://www.sanko.ac.jp/osaka-chori/accessmap/
③ 講  師 竹村義尚教授(辻学園調理・製菓専門学校 製菓・製パン)
④ 募集人数 最大40人(年齢・性別を問わず)
※ご家族・ご友人など、同伴者は緑友会会員以外でもOKとなりました。
⑤ 参 加 料 2,000円(材料費などを含む、当日徴収)
⑥ テ ー マ 作って食べよう“おいしいパン”
⑦ 集  合 現地12時30分
⑧ 講習・実習 13時~ 「本格お惣菜パン」
⑨ 試  食 15時30分~ 「特製デザート」をご用意しています。
※実習で作ったパンは、お持ち帰りいただきます。
⑩ 解  散 現地16時の予定
⑪ 持 ち 物 エプロンをお持ちの方は、ご持参ください。
⑫ 問い合わせ・申込み 電話かメールかハガキで下記まで。
東住吉高等学校緑友会事務局
☎06-6706-3133
メールアドレス info@ryokuyukai.org
〒547-0033 大阪市平野区平野西2-3-77
⑬ 申込締切 平成30年8月15日(水)まで延長
※前回の模様は、下記HPや会報36号11ページをご参照ください。

緑友会お料理教室開催後のご報告

連絡事項
⑴ 今回も、辻学園調理・製菓専門学校と竹村教授(東住吉高校27期生)に
協力いただいております。また福本智里先生は、東住吉高校52期生です。
⑵ コーヒーなどの飲み物も用意しております。
⑶ 参加者同士、自己紹介や会話で親睦を深めることもできます。
⑷ 料理が苦手な方、初心者とも大歓迎です。良い機会にしていただければ幸いです。
当日は、アシスタントの方にサポートしていただけます。
緑友会会員の皆さん、ふるってご参加ください。